Microsoft Flow で文字列中の改行を置換する

Microsoft Flow の文字列を置換するには replace 関数を使うのだが、replace 関数で改行文字(\n)を直接は扱えない。このため、改行を事前に文字列の変数にしておくとよい。

まずは、以下のように改行だけを入力した変数を作成する。

f:id:mk_55:20190911214208p:plain
LFの変数化

そのあと、以下のような式を使うと、改行を置換できる。 ※この場合は空文字で置換しているので、改行を除去した、'置換したい文字列'が出力になる。

replace("置換したい\n 文字列", variables("LF"), "");

上記にたどりつくまで

以下は備忘録。

エスケープすればいけるだろ、とやってみるが上手くいかない

#一般的なエスケープ
replace('置換したい\n 文字列' ,'\n', '')

#Powershell 風
replace('置換したい\n 文字列' ,'`n', '')

#VBA 風
replace('置換したい\n 文字列' ,char(10), '')

uriComponent を利用した置換は冗長

軽くググると以下のようなページがヒットする。

uriComponent で\nをパーセントエンコーディングしたあと置換する、という手法。 ただ、以下の引用のように式が長くなるし、やっていることが一目でわからなくなるのでやめた。

uriComponentToString(replace(uriComponent('置換したい\n 文字列'),'%0A',''))

視点を変えてググる

結局は置換から離れて、Flow で改行をどう扱うべきかを調べて、下記のページにたどり着く。 下記のページと同じようにいったん変数にして扱うことで解決を図った。

Microsoft Flow 上で複数行文字列を改行で分割する - Qiita

Microsoft Flow で 個人向けのMicrosoft To-Doのタスクを追加するにはOutlook Tasksコネクタを使う

概要

ちょっとした小ネタ。

Microsoft Flow で Microsoft To-Do にタスクを追加するには、Outlook Tasks コネクタの「タスクを作成する (Create a task)」というアクションを利用すればよい。なぜなら、Microsoft To-Do の実態が Outlook のタスクだから。

手動でタスクを追加するフローが公式に存在するので、以下はこれを例にして記載する。

新しい Outlook タスクを作成する | Microsoft Flow

実際にやってみる

新しい Outlook タスクを作成するを開いて各アクションを開くと以下のように表示される。

下記の[手動でフローをトリガーします]は、フローの起動と入力値の受け取りをしているだけ。あとのフローでその値を使ってタスクを作成する。デフォルト状態では Task Name で入力した名前のタスクに設定され、そのタスクのメモに Description の内容が設定される。

f:id:mk_55:20190908213448p:plain
新しいOutlookタスクを作成するフロー

ここでは「タスクを作成する」アクションにデフォルトで Create a Task という名前が付いている。

各項目の意味は以下の通り。

項目名 説明
件名 タスクの名前
期限 タスクの期限日
リマインダー日時 タスクの通知日時
開始日 (To-Do では無効の模様)
重要度 タスクのスターの有無。High がスターあり、それ以外はスターなし
状態 (To-Do では無効の模様)
ボディ内容 タスクのメモ
フォルダー タスクが追加される To-Do のリスト

なお、リマインダーを通知を有効にするためには、詳細オプションから[リマインダーをオンにする]を true に設定しておかないといけない。

参考

頑張って自分で調べたのだけれど、じつは先駆者がいらっしゃいました。

KNIMEのメモリ関連設定

KNIMEのメモリ関連設定のメモ

メモリ使用量の表示

  • File > Preferences > General > Show heap status にチェックを入れる。
    • 画面右下にメモリ使用量が表示されるようになる。

メモリ使用量の初期値と上限の設定

  • knimeはJava製のソフトウェア
  • knimie.iniの中にJavaの起動オプションの記載がある。
  • とりあえずヒープサイズを以下に設定
    • -Xms4086m (初期4GB)
    • -Xmx8192m (最大8GB)

参考

自分向けのGTDのまとめ

自分向けのGTDの簡単なサマリ*1

元ネタは以下の本。ページ番号もこの本準拠。

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

GTDとは?

GTDの目指すところ

  • やるべきことや気になることのすべてを把握する。
  • 人生において発生する全てのインプットにその場で対処できる。
  • 判断のすべてを人生の異なる観点から評価しつついつでも正しい判断を下す。

なぜGTD

最近の仕事には以下の特徴がある。

  • 終わりがない
  • 変化が激しい

このため、常に何かしらのインプットが発生しつづける。 これをマネージしないと、常に気になりや不安にさらされる。

気になり、不安の理由

  • 望んでいる結果がはっきりしない
  • 次に取るべき物理的な行動が定義されていない
  • それらを適切なタイミングで思い出す方法がない。

これに対処するには?

ステマチックな思考が必要*2

  • 望んでいる結果をはっきりさせる
  • 次に取るべき行動を洗い出す
    • やるべきことの完了条件は?
    • そのために、次に取るべき具体的な行動は?
  • すべてのやるべきことを把握し1箇所に取り込む
    • 人間の脳みそで管理できる情報には限界がある
    • 見直すことができるシステムに入れておく

実際にどうする?

  1. 気になることのすべてを把握する
    • 気になることのすべてをインボックスにいれる。
      • インボックス自体は何でもよい。ノート、リスト管理アプリ、などなど。
  2. それぞれへの対応を見極めて、整理する
    • 以下参照
      f:id:mk_55:20190630015543p:plain
      GTDのワークフロー
  3. 更新する
    • 週次レビューでシステム全体を棚卸する
      • プロジェクトの計画*3もここでたてるとよい
    • 別途、月次や年次のレビューをしてもよい
  4. システムからやるべきことを選択してこなす。
    • いくつかの選択基準のモデルがある(p227)

まだ書けていないこと

  • プロジェクトの計画の仕方(p100)
  • トリガーリスト(P167)
  • タスクの分類(P207)

*1:学生時代から使っているが、都度本を読み返すのが面倒なので、簡単にまとめておくことにした

*2:ウォーターフォールガントチャートも、アジャイルなボードも同じ発想で作られていると思う。その上で重視することが違うだけで。

*3:具体的なタスクに落とし込むこと

Elmをインストールする

Elmをインストールするときは基本的にインストール · An Introduction to Elmの指示に従えばよい。が、いくつか追加があるのでメモしておく。

インストール

  • 公式サイトからリンクされているインストーラをつかう
    • 私の環境ではnpmからインストールすると正常にインストールできないのか非常に遅かった。
  • formatter
    • elm-formatを素直にいれる。npm install elm-format -g
  • IDE連携
    • elm - Visual Studio Marketplaceを入れる。ext install elm
    • 保存時のフォーマット設定も忘れずに(細かい設定は↑のリンクをみる)

とりあえず動かす

  • 適当なパスでelm init
  • Elmガイドから適当にソースをsrcディレクトリにコピー
  • elm reactorを実行して、指定されたURLにブラウザでアクセス

node.jsを更新する on windows

windowsマシンにインストールしたnode.jsを更新する場合は、Node.jsからインストーラをダウンロードしてインストールする。

以下のように、nを使って管理できればよいが、残念ながらWindowsでは動作しない。 Node.jsとnpmをアップデートする方法 | Rriver

インストールした後は、想定バージョンになったか以下のコマンドで確認する

> node --version
v10.16.0

Windows Subsystem for Linux のインストール&設定

インストール

Windows Subsystem for Linuxをインストールしてみよう! - Qiita

上に書いてある通り

  • 役割と機能で「Windows Subsystem for Linu」を有効化
  • OS再起動
  • MS Store からUbuntuをダウンロード

設定