CentOS7でNetworkManager(nmcli)を使用してNICを自動起動にする

自前の仮想マシン(CentOS7)にsshしようとしたら、そもそもLinkUPしてなかったので、とりあえずNIC自動起動に設定したメモ*1*2

#NICの開始
[root@localhost ~]# nmcli dev connect eno16777736
Device 'eno16777736' successfully activated with '314879d4-8571-4178-8874-6f1dea2bcc32'

#自動起動を有効に
[root@localhost ~]# nmcli con mod eno16777736 connection.autoconnect yes

#以下で自動起動にならないのはなぜなんだ…
#nmcli device set ifname eno16777736 autoconnect yes

#設定の確認
[mk55@localhost ~]$ nmcli con show eno16777736 | grep autoconnect
connection.autoconnect:                 yes
connection.autoconnect-priority:        0
connection.autoconnect-slaves:          -1 (default)

参考

2.3. NetworkManager のコマンドラインツール nmcli の使用

オフィシャルのドキュメントなのでそれなりに参考になる。

RHEL7のNICのネーミングルール - めもめも

全然知らなかったけど、RHEL7ではNICのネーミングルールが「Predictable Network Interface Names」変わっていて、イーサネット(オンボード)はenoで表示されるそうだ。

*1:なんだか同じ操作をするのに複数のやり方があって大変紛らわしい。ひとまずnmcli con downするとインターフェースが手動になるそうなので、nmcli dev~で操作した方が良いのだろうか

*2:コードをインライン表示すると脚注記法が効かなくなる

scriptコマンドで取得したログを綺麗に読む

scriptで取得したログにエスケープシーケンス含まれる場合、単純なテキストとして読むとエスケープシーケンスがESC~のような表示されてしまい読みづらい。 が、less -Rで読むと綺麗に読める。

scriptなどでログを取るときに変な文字(制御文字)のない状態で読めるようにする - Qiita 元ネタは上記の記事

具体例

lessでの表示
[mk55@localhost ~]$ powerofESC[ESC[ESC[ESC[ESC[ESC[ESC[ESC[K^G^G^G^G^G^G^G^G^G^G^GnmclESC[ESC[KllESC[ESC[Ki
ESC[32mvirbr0: connected to virbr0ESC[0m
        bridge, 52:54:00:A1:4E:6E, sw, mtu 1500
        inet4 192.168.122.1/24

ESC[31meno16777736: disconnectedESC[0m
        "Intel 82545EM Gigabit Ethernet Controller (Copper) (PRO/1000 MT Single Port Adapter)"
        1 connection available
        ethernet (e1000), 00:0C:29:53:02:5E, hw, mtu 1500

ESC[2mlo: unmanagedESC[0m
        loopback (unknown), 00:00:00:00:00:00, sw, mtu 65536

ESC[2mvirbr0-nic: unmanagedESC[0m
        tun, 52:54:00:A1:4E:6E, sw, mtu 1500
less -Rでの表示
Script started on Sun 21 May 2017 01:07:50 AM JST
[mk55@localhost ~]$ ^G^G^G^G^G^G^G^G^G^G^Gnmcli
virbr0: connected to virbr0
        bridge, 52:54:00:A1:4E:6E, sw, mtu 1500
        inet4 192.168.122.1/24

eno16777736: disconnected
        "Intel 82545EM Gigabit Ethernet Controller (Copper) (PRO/1000 MT Single Port Adapter)"
        1 connection available
        ethernet (e1000), 00:0C:29:53:02:5E, hw, mtu 1500

lo: unmanaged
        loopback (unknown), 00:00:00:00:00:00, sw, mtu 65536

virbr0-nic: unmanaged
        tun, 52:54:00:A1:4E:6E, sw, mtu 1500

なお、上記ではシンタックスハイライトが効いてしまってわからなくなっているが、less -Rだとカラーエスケープシーケンスも理解して、ちゃんと画面表示に色がつく(lessの場合は単純な白黒表示)。

参考:エスケープシーケンスについて

  1. もう一度基礎からC言語 第47回 特殊な画面制御~コンソール入出力関数とエスケープシーケンス エスケープシーケンスによる画面制御
  2. エスケープシーケンスを体感する - ザリガニが見ていた...。

CentOS7でデフォルトログインをCUIにする

CentOS7などのsystemを利用するOSでデフォルトログイン方法をCUIに変えるにはディスプレイマネージャを無効にすればよい。

環境

[root@localhost updates]# cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 7.3.1611 (Core) 

状態の確認

サービスの有効化を確認(2通り)

[root@localhost updates]# systemctl list-unit-files | grep gdm.service
gdm.service                                   enabled 
[root@localhost updates]# systemctl is-enabled gdm.service
enabled

サービスの起動状態を含めて確認

[root@localhost updates]# systemctl status gdm.service
● gdm.service - GNOME Display Manager
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/gdm.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Sat 2017-05-06 10:26:23 JST; 2h 32min ago
  Process: 1013 ExecStartPost=/bin/bash -c TERM=linux /usr/bin/clear > /dev/tty1 (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 934 (gdm)
   CGroup: /system.slice/gdm.service
           ├─ 934 /usr/sbin/gdm
           └─1042 /usr/bin/Xorg :0 -background none -noreset -audit 4 -verbose -auth /r...

May 06 10:26:23 localhost.localdomain systemd[1]: Starting GNOME Display Manager...
May 06 10:26:23 localhost.localdomain systemd[1]: Started GNOME Display Manager.
May 06 10:27:40 localhost.localdomain gdm[934]: Child process -2639 was already dead.

デフォルトのGDM(GNOME Display Manager)が有効になっている。

設定変更

サービスの無効化

[root@localhost updates]# systemctl disable gdm.service
Removed symlink /etc/systemd/system/display-manager.service.

サービスが無効なことを確認(2通り)

[root@localhost updates]# systemctl list-unit-files | grep gdm.service
gdm.service                                   disabled
[root@localhost updates]# systemctl is-enabled gdm.service
disabled

サービスの起動状態も含めて確認

[root@localhost updates]# systemctl status gdm.service
● gdm.service - GNOME Display Manager
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/gdm.service; disabled; vendor preset: enabled)
   Active: inactive (dead)
 Main PID: 934
   CGroup: /system.slice/gdm.service
           ├─ 934 /usr/sbin/gdm
           └─1042 /usr/bin/Xorg :0 -background none -noreset -audit 4 -verbose -auth /r...

May 06 10:26:23 localhost.localdomain systemd[1]: Starting GNOME Display Manager...
May 06 10:26:23 localhost.localdomain systemd[1]: Started GNOME Display Manager.
May 06 10:27:40 localhost.localdomain gdm[934]: Child process -2639 was already dead.

GDMが無効化された。 なおこの時点では起動しているGDMGUIが停止するわけではない(GUI表示のまま)。

再起動(reboot)するとCUIログインに切り替わる

その他

なお、rebootコマンドはLinux以外のUnixだと危険なコマンドらしい。

Linuxについては、Man page of SHUTDOWNにあるように、rebootはshutdown -r -q nowのエイリアスです(シェルのエイリアスというわけではなく、内部でshutdown -r -q nowを呼び出しているだけと言うこと)。shutdownと同じくinitシステムを6に切り替えるため、サービスを順番に落とし(最新のLinuxではsystemdやupstartが採用される場合が多いですが、同じように順番にサービスを落とします)、再起動を行います。サービスが依存関係に基づいた安全な順序でおとされ、各終了処理も実行されますので、shotdownを使う場合と同じく、安全に再起動が可能です。

しかし、LinuxではないUNIXでは違います。次の二つを見てください。

FreeBSD 11.0 | On-line Manual of “reboot

Solaris 11.2 | reboot - マニュアルページセク ション 1M: システム管理コマンド  

FreeBSDSolarisでは、shutdownへのエイリアスででも呼び出す物でもありません。これらのrebootでは、initシステムの切り替えが発生せず、全てのプロセスに対して終了シグナルを送るだけです。サービスの終了順序は守られませんし、initスクリプトに記載された終了時の処理も行われません。そのため、サービスによってはテンポラリファイルやPIDファイルが残ったり、エラーが記録されたり、最後の情報が書き込まれなかったり等の不具合が起きる可能性があります

出典:Linux - shutdownコマンドとrebootコマンドの違いについて(56240)|teratail

CentOSでyum update時に”Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast”というメッセージが出たときは素直に「yum makecache fast」しましょう

長いので結論だけ先に書くと

  1. CentOSyum update時に”Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast”というメッセージが出ることがある

  2. これはyumのキャッシュデータ*1が古くなって失敗している。

  3. yum claen allしろというサイトもあるが、エラーメッセージの通り、素直にyum makecache fastしましょう

本論

案件が変わってちょっと自宅で自習したくなり、昔に作ったCentOSVMをアップデートしようとしたら以下のメッセージが出た

Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast

ググってみるとyumのキャッシュの問題らしく、キャッシュをyum claen allしてクリアすればよいらしい。

で、実際にyum claen allしてからyum updateすると無事にアップデートはできた。

が、しかし、メッセージをよく読むとyum makecache fastしろって書いてある*2。 そこでちょっとmanを読んでみる(長いので読み飛ばしてもOK)。

yum(8)                                                                  yum(8)

NAME
       yum - Yellowdog Updater Modified
(中略)
       clean  Is  used  to clean up various things which accumulate in the yum
              cache directory over time.  More complete details can  be  found
              in the Clean Options section below.

       makecache
              Is  used  to  download  and make usable all the metadata for the
              currently enabled yum repos. If the argument "fast"  is  passed,
              then  we just try to make sure the repos. are current (much like
              "yum clean expire-cache").

(中略)

CLEAN OPTIONS
       The following are the ways which you can invoke yum in clean mode. Note
       that "all files" in the commands below means "all  files  in  currently
       enabled  repositories".   If  you  want to also clean any (temporarily)
       disabled repositories you need to use --enablerepo='*' option.

       yum clean expire-cache
              Eliminate the local data  saying  when  the  metadata  and  mir‐
              rorlists  were  downloaded  for  each  repo. This means yum will
              revalidate the cache for each repo. next time it is  used.  How‐
              ever  if  the  cache  is  still  valid,  nothing significant was
              deleted.

       yum clean packages
              Eliminate any cached packages from the system.  Note that  pack‐
              ages are not automatically deleted after they are downloaded.

       yum clean headers
              Eliminate  all  of  the  header files, which old versions of yum
              used for dependency resolution.

       yum clean metadata
              Eliminate all of the files  which  yum  uses  to  determine  the
              remote  availability  of  packages. Using this option will force
              yum to download all the metadata the next time it is run.

       yum clean dbcache
              Eliminate the sqlite cache used for faster access  to  metadata.
              Using this option will force yum to download the sqlite metadata
              the next time it is run, or  recreate  the  sqlite  metadata  if
              using an older repo.

       yum clean rpmdb
              Eliminate any cached data from the local rpmdb.

       yum clean plugins
              Tell any enabled plugins to eliminate their cached data.

       yum clean all
              Does all of the above.

とても雑にまとめると以下の表のとおり。 yum clean allは余計なキャッシュデータも消してしまっているので、yum makecache fastを使ってキャッシュを更新する方が好ましいのだと思う。

# コマンド 説明
1 yum clean all 現在利用可能なレポジトリの
すべてのキャッシュを削除する*3
2 yum makecache fast 現在利用可能なレポジトリを確認して
キャッシュの一部を更新する*4

その他

manを読んでyumの正式名称を初めて知った Yellowdog Updater Modified - Wikipedia

*1:デフォルトは/var/cache/yum/$basearch/$releasever /。/etc/yum.confのcachedirで設定する

*2:気づくのが遅い

*3:利用不可能なレポジトリも削除する場合は–enablerepo=‘*'オプションをつける

*4:yum clean expire-cache相当ということはメタデータとミラーリスト?

Sakura Editor で行選択をする

トリプルクリックすると行選択される。

Powershellの正規表現で桁数固定の文字列にマッチさせたいとき

とても基本的なことなのだが、ちょっとはまってしまったのでメモ。

Powershell正規表現で桁数固定の文字列にマッチさせたいとき、ちゃんと数値の前後の文字列もパターンに含めないと意図しない文字列にもマッチしてしまう

例えば、「test.NNN」(Nは0-9の数字)というパターンにマッチさせたいとき、

PS D:\> #これでいいかなーと思いきや
PS D:\> "test.005" -match "test.\d{3}"
True
PS D:\> #これもマッチしてしまう
PS D:\> "test.0005" -match "test.\d{3}"
True
PS D:\> "test.005.txt" -match "test.\d{3}"
True

防止するためには桁数指定をするときには必ず前後の文字列もパターンに加えるようにする

PS D:\> #不要なものをマッチさせないためには終端を示すメタキャラクタ($)を追加する
PS D:\> "test.0005" -match "test.\d{3}$"
False
PS D:\> "test.005.txt" -match "test.\d{3}$"
False
PS D:\> "test.005" -match "test.\d{3}$"
True

しょうもないんだけど小一時間ぐらい悩んでしまった。 ちゃんと睡眠をとった上で作業しよう。

Powershellで指定した行数でファイルを分割する

例えばカレントディレクトリのtest.txtを3行ごとにtest[N].txtに分割するときは以下のように書く(は任意の0以上の整数)

$i=0; cat .\test.txt -ReadCount 3 | % { $_ > test$i.txt;$i++ }

cat(=Get-Content)のReadCountオプションで3行ずつパイプラインに渡してファイルに出力している


なお、上記のようにすっきりかけるようになるまでには以下のような変遷を経てる

一番最初

良く分からないのでファイルをエディタで開いたときの行番号表示から、ファイル数を別途計算し、その上でマジックナンバーを多用しつつGet-Contentの行数指定で愚直に切り出す。

0..3 | %{ (cat .\test.txt)[($_ * 3)..($_ * 3 +2)] > test$_.txt}

行数ぐらいPowershellで計算できるだろと思い至り、$lines行づつ分けたときのファイル数をまず出してからGet-Contentを使って毎度指定行を読み込んでファイル出力してる

$lines = 3
$maxCount=[Math]::Ceiling($(cat .\test.txt | measure).count / $lines) - 1 
0..$maxCount | %{ (cat .\test.txt)[($_ * $lines)..($_ *$lines +2)] > test$_.txt}

ReadCountオプションは便利ですね。